<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象となるのは近視に限ったことではなく、乱視の治療もすることが可能となっています。

 

一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視というのは近視と比較をして視力の矯正が複雑になるので不可能とされていましたが、今ではそれが可能となったのです。
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同じであり、角膜の屈折率を矯正してあげることで、元々の視力を蘇らせることが出来るのです。

 



<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:22-10-02

おれは、
「鍋減量」を実践しております。

鍋減量というのは、
7時食・昼食は好きなものを食べて、
夕食に野菜をたっぷり使った
鍋料理を食べる減量法です。

鍋料理は調理に油を使わないので、
炒め物、揚げ物などの調理法に比べてヘルシーであることと、
茹でることで野菜をたくさん使うことができ、
野菜やきのこ、魚介類、肉類などがバランスよく食べられ、
ビタミンやミネラルも摂取できる
ヘルシーな減量法だと思います。

鍋料理によく入れる野菜と言えば…

まずは、白菜。
ビタミンC、カルシウム、鉄、カロチンなど
芯の部分に特に栄養が豊富に含まれています。
キャベツに比べ、糖質が少なく低カロリーで
減量にはもってこいの食材です。
その他にも美肌効果、風邪予防、便秘の改善が期待できますよ。

長ネギ。
葉の部分にビタミンA(βカロテン)、
茎の部分にビタミンCを多く含みます。
独特の香りは「硫化アリル」という栄養成分で、
ビタミンB1の吸収や働きを高め、
体質の疲労回復効果や食品の消化・吸収を高めてくれます。

人参。
βカロテンを豊富に含む緑黄色野菜で、風邪予防、
またドライアイを防ぐ役割もあります。
また、抗酸化作用により体質の中から老化を防止する効果があります。

きのこ類。
食物繊維、ビタミンB群、ビタミンD2、ミネラルなどを豊富に含み、
低カロリーなうえに便秘の改善にも効果があり、
減量にはぴったりの食材です。

このように鍋料理は、
たくさんの減量にうれしい効果がある
野菜を食べることができますよ。

体質の温まる鍋を美味しく頂きながら、
楽しく減量しましょう!


 
レーシックガイド@ レーシックガイドA レーシックガイドB レーシックガイドC レーシックガイドD